旦那に女として見られたいときに試すべきこと6つ【仲良し度診断】

旦那に女として見られたいときに試すべきこと 旦那が冷たいのをなんとかする方法

旦那に女として見られたいと思いませんか?

 

新婚当時はラブラブだったけど、

  • 年々女として見られなくなったり
  • 子どもが産まれてただの家族になったり

こんなご家庭は多いのではないでしょうか。

 

でも、やっぱり何歳になっても「女として見られたい」ですよね!

 

そんなときは夫にもう一度口説かれよう作戦を発動してみましょう。

 

スポンサーリンク

旦那に女として見られてる?夫婦の仲良し度チェック!

旦那に女として見られてるかわからないというときは、まずは仲良し度チェックをしてみてください。

 

  • 毎日20分以上はふたりで会話する時間がある
  • 「好きだよ」など愛情表現を言葉で伝えてくれる
  • 「かわいいね」など容姿をほめてくれる
  • 仕事が終わったらまっすぐ家に帰ってくる
  • 1日1回必ずハグやキスをしてくれる
  • 寝る前は腕枕が定番
  • お風呂に一緒に入っている
  • お互い気軽にボディタッチできる
  • 妻のスケジュールに興味がある
  • 妻のお願いごとは積極的に叶えてくれる
  • 買い物の荷物を持ってくれる
  • 記念日にプレゼントをくれる
  • 夜の仲良し頻度は週に1回以上

【 チェック該当 】

10個以上:仲良し度 ★★★★★

7~9個:仲良し度 ★★★★☆

4~6個:仲良し度 ★★★☆☆

3個以下:仲良し度 ★★☆☆☆

 

夫婦の仲良し度チェックはいくつでしたか?

 

参考までにですが、うちの場合は「仲良し度★★」でした。

 

ちなみに、私の夫はボディタッチしようと思うとお金が発生します。笑

 

  • ほっぺたチューで1000円
  • 口にチューで3000円
  • ラブラブしたいときは15000円

 

ココはお店か!と突っ込みたくなるくらい現実的な金額を提示されます。

 

旦那に女として見られたいなら旦那から誘われる女になるべし

旦那に女として見られたい!と思っても、旦那にその気がなければ相手にしてもらえませんよね。

 

我が家のようにお金が発生する夫婦もいるかもしれません。笑

 

自分から誘っても完全にスルーされるときは、旦那から誘われる妻になるしかありません。

 

旦那に女扱いされたいなら、次のことを試してみてください。

 

旦那に女として見られたいときに試すべきこと

① 笑顔でいる習慣をつくる

女性は愛嬌で勝負!

 

夫婦生活が長くなると忘れがちですが、旦那さまの前で笑顔を作っていますか?

 

笑顔って作るものではないと思いがちですが、他人と仲良くやっていくためには笑顔って大切ですよね。

 

特に、子育て中でいつもイライラしていると、母親オーラが出まくってしまいます。

 

般若な妻はNGなので、意識して笑顔を作っていきましょう!

 

② 旦那に名前で読んでもらう

ふだん、旦那さまになんて呼ばれていますか?

 

もし、「ママ~」「おかあさん」とか呼ばれているなら、名前で読んでもらうと良いですよ。

 

言葉には「言霊」が宿るって言いますし、「ママ~」って呼ばれていると旦那の中で母親のポジションに位置づけられてしまいます。

 

妻は旦那さまから愛でられる対象であって、お世話をするママではありません!

 

「今さら~」と恥ずかしがらずに、名前で呼び合ってみると良いですよ。

 

③ 1日一回は旦那に甘える・頼る

結婚生活が長くなると旦那に頼ることがなくなりませんか?

 

正直、旦那に頼るより自分でやった方が早いですよね。

 

でも、頼られなくなった旦那さまは蚊帳の外状態になり、「俺なんか必要ないのでは?」と思ってしまいます。

 

男性は必要とされることで妻に愛情を注げるんだとか。

 

なので、1日1回は甘える・頼る!

 

今、全く旦那さまに頼っていないなら、ちょっとわがままなくらいがちょうどいいのかもしれません。

 

④ 言葉の愛情を欠かさない

旦那に女として見られたいときは、自分から言葉の愛情表現をしてみてください。

 

はじめは相手にされないかもしれませんが、愛情表現がお互いの習慣になると夫も次第に愛情表現をしてくれるようになります。

 

旦那さまに自分の気持ちを伝えたいときは、具体的に好きなポイントを言葉にすることがポイント。

 

  • 夫くんは運転が上手いからホント尊敬する~
  • 重たいものいつも持ってくれるよね!そういう優しいところホント好き~

 

どこが好きなのかをわかりやすく伝えることで、旦那さまの男心を刺激できること間違いなしです。

 

⑤ 旦那が好きな色の下着を身につける

旦那さまに誘われたいときは、旦那さまの好きな色の下着を身につけてみるのも効果的です。

 

新しい下着は男性の気持ちを盛り上げるだけでなく、自分の女子力の刺激にもなります。

 

「夫婦生活に刺激が欲しいなー」と感じたら迷わず下着を新調してみると良いですね!

 

ただ、こっそり下着を買っては旦那に気づいてもらえないので、一緒に買いに行くなど旦那さまが楽しみになるような工夫をすることがポイントです。

 

⑥ 旦那に女として見られたいなら香りが効果的

女として見られたいと思っても、20代を過ぎると「かわいさ」では勝負できなくなります。

 

何か直接的に旦那をときめかせたいと思ったら、香りで女性らしさを演出してみてはいかがでしょうか。

 

私も旦那さまを誘いたいときによく活用するのですが、いつもと違ったシャンプーを使ったり、香りの良い入浴剤を入れてお風呂に入ったり。

 

香りが変わると男性ってドキッとするようで、「今日、いい匂いだね~」とか言ってくれたりもします。

 

最近ではベッド専用の香水とかもあるんですよ!

 

お風呂上りや寝る前にその香水をつけると、いつもはそっけない旦那さまもドキッとしてくれるかもしれません。

 

ただあまり頻繁に使うと香りに慣れてしまうので、ここぞというときにぜひ試してみてください。

 

うちの場合は、一度旦那の性欲スイッチを押すと2週間くらいは持つので、月に1回くらい香りを使ってさりげなく誘っています。

 

▷ ベッド専用の香水はこちら≫≫≫

 

旦那に女として見られたいなら旦那を「男」として見ること

旦那に女として見られたい気持ちは何歳になっても変わりません。

 

30代・40代になっても、子育てて忙しくても、いつまでも旦那さまから女性扱いされたいですよね。

 

そのためには、旦那さまを男として見ることも大切です。

 

  • かわいらしい女性を演出する
  • 女性らしい身だしなみに気を遣う

 

旦那さまに愛されるポイントを身につけて、追いかけるより追いかけられる妻になってみてください。

 

今回ご紹介したアイテム