1年に100万円貯金した節約家が絶対に見直す3つの生活費

1年に100万円貯金した節約家が絶対に見直す3つの生活費

「節約をしたい!お金を貯めたい!でも、なぜか毎月お金が余らない……。」という人にアリがちな失敗を知っていますか?

節約をしているのにお金が余らない原因は、収入が少ないからだけではありません。

気がつかないうちに「損をしている支払い」はたくさん!

1年に100万円貯金した節約家が絶対に見直す3つの生活費をご紹介します。

プロの節約家が絶対に見直す3つの生活費

家計の管理と節約術
1年に100万円以上の貯金を達成している節約家が、絶対に見直している生活費の項目を知っていますか?

それは、

・「通信費」

・「医療保険費」

・「水道光熱費」の3項目です。

この3項目を選んだ理由は、最も見落としがちでコストカットがしやすい項目だからです。

もちろん家賃や食費など節約できる生活費は他にもあります。ただ、家賃は大きな費用ですがすぐに見直すことが難しく、賃貸であれば引越しや大家さんへの家賃交渉が必要になります。食費は節約には欠かせない項目ですが頑張りすぎると健康面に影響が生じたり、食がワンパターン化して浪費に走ってしまう恐れがあります。

そのため、節約節約!と毎日意識することなく、かつ、手軽にコストカットできる項目を3つ挙げるならば、「通信費」「医療保険費」「水道光熱費」となるのです。

通信費を減らす方法

通信費節約

家庭における通信費と言えば、「インターネット代」と「携帯電話代」です。今、ご家庭で支払っている通信費はいくらくらいか知っていますか?

通信費は口座引き落としやクレジット払いにすることが多いので、実際に毎月いくら払っているのかを把握していないという方は多いようです。毎月当たり前のように1万円以上払っている……。という方は要注意!まずは通信費をサクッと見直してみましょう。

インターネット代を見直す

インターネット代はプロバイダを乗り換えたり、ポケットWi-Fiを持つことで費用をカットできます。

プロバイダにはNTTやKDDI、ソフトバンク、地域の電力会社などの種類がありますが、選び方にはコツがあります。インターネット代は「プロバイダ料金+インターネット回線利用料」によって支払いが決まります。そのため、プロバイダ料はできるだけ安い方がおすすめです。

プロバイダを選ぶときは、

・初期工事費用無料

・割引きサービス

・オプションサービス などを見比べてみましょう。

初期工事の費用は無料のものを選びたいですね。割引きサービスについては携帯電話やご家庭の電力会社などと提携をしていると料金が安くなることがあります。契約をすると2年間は割引きがあるサービスもありますが、後々料金が上がるのは長期的に見るとコストとなり、解約をするにも手間がかかるのでおすすめはできません。

有線のインターネットにこだわらないというご家庭であれば、ポケットWi-Fiを使うとさらに費用を削減できます。

ポケットWi-Fiは、

・ワイモバイル

・WiMAX

・ドコモやソフトバンクなどのキャリアのWi-Fiルーター

などがあります。

ポケットWi-Fiを使えば自宅に回線を引かなくても、パソコンやタブレット、スマートフォンで自由にインターネットを楽しめます。ポケットWi-Fiを選ぶときは複数端末で自由に使えるよう、通信料無制限のものにすると安心です。通信料無制限でも月額3,000円~4,000円で使うことができます。

携帯電話代を見直す

スマートフォンを使ってから携帯電話代が割高になったというご家庭はきっと多いはずです。ただ、どこでも気軽にネットが使えパソコンの代わりにもなる便利なスマートフォンは、今や手放せないライフラインですよね。

携帯電話料金の平均金額は8,000円と言われていますが、実は大手キャリアから格安SIMに変えると半額くらいまで料金をカットできます。ドコモやソフトバンク、auの大手キャリアの料金は割高。格安SIMはドコモなどの回線を借りた通信会社なので、使用感はそのままで料金のみを引き下げることが可能です。

格安SIMに乗り換えると1カ月あたり2,000円~3,000円まで料金を下げることもできます。大手キャリアのように通話し放題のものはありませんが、通信プランが充実しているものもあるのでぜひ乗り換えを検討してみましょう。

最近はIIJmio(みおふぉん)やmineo、LINEモバイルがおすすめだと言われています。

医療保険の選び方

保険料見直し

医療保険を選ぶときのポイントは、「入院中の生活費を補えるか」「死亡後の家族の生活に支障がないか」この2点に絞ると良いですね。

万が一、長期入院になったら、ガンなどが見つかり特別な治療になったら……。と、高額な保険をかけている方もいます。ただ、支払った保険料分の治療をすることは少なく、無駄な支払いとなってしまう場合の方が実は多いようです。

高額療養費の給付

実は、日本の医療手当は充実しており、加入している健康保険に申請をすると世帯の収入に応じて自己負担額の上限を超えたものは「高額療養費」として払い戻しが行われます。

そのため、どんなに長期で入院しても1カ月あたり世帯年収区分によりますが、24,600円~140,100円くらいまでの自己負担額の支払いで済みます。

このように医療費には上限金額が設定されているので、例えばその分をあらかじめ蓄えていた場合は医療保険に加入をしていなくても入院費用などを支払うことができるのです。

傷病手当金の申請

また、病気により仕事を休んでいる間は「傷病手当金」の申請ができます。病気により働けなくなったときは、支給対象の日数分の手当てが支払われます。

基準報酬により日給の金額は異なるので、申請時に加入している健康保険に詳細を問い合わせてみてください。

最低限の医療保険で補える

つまり、先進医療や入院一時金が出る高額の医療保険プランを選ぶよりは、その分をいざというときのために貯金していた方が有効にお金を使えるというわけです。

医療保険に加入するのであれば入院している間の生活費を確保できるもの。入院1日5,000円~1万円くらいの基本プランで十分だと考えられます。

もし家族分の医療保険を考えているならば、働いている夫や妻は入院1日1万円のプラン、専業主婦であれば5,000円のプランがおすすめです。子どもに保険をかける場合、子どもが小さければ入院付き添いが必要になるので、その期間親が仕事を休まなければならないことを考える必要があります。そのため両親とも働いている場合は、親と同様の1万円のプランに入っておくと生活費の心配が少なくなります。

また、独身者の場合は基本的な医療保険の加入でほとんど問題はありませんが、家族がいる場合は万が一の保障を考える必要があります。夫や妻が死亡した場合に残っている家族にいくら残す必要があるかなど、死亡時の埋葬料やその後当面の生活費が確保できるプランを選ぶと安心です。

医療保険を見直すときは、「入院1日あたりの支給金額」と「死亡時の保障」の2点に絞り、最低限の保険料に抑えるとグッと固定費を安くできます。

水道光熱費の節約方法

水道光熱費節約

水道光熱費の平均は全体で24,000円くらいだと言われています。

その内訳は、

電気:11,000円

ガス:6,000円

水道:5,000円

その他の光熱費:2,000円

一般的に一人暮らしで12,000円くらい4人家族で25,000円と、世帯により平均金額は大きく異なります。

電気代の節約方法

家族が増える分だけ電気代は大きくなりますが、節約方法はほとんど変わりません。電気代を節約するには「こまめな電源切り」が何より欠かせません。

使っていないコンセントを元から抜く、使っていない部屋の電気を消すなど、つけっぱなしをなくすことが重要です。

ただ、エアコンに限ってはつけっぱなしの方が電気代を抑えられるので、こまめにつけたり消したりしない方が良いと言われています。エアコンは起動時に1番電力を使うのでつけたり消したりするよりも、1日中稼動させていた方が電気代を削減できます。

特に夏場はエアコンをとめるとすぐに部屋の温度が上がっていくので、温度設定を28度にして扇風機と併用してつけっぱなしにする方が電気代が安くなります。

冬場は温度設定20度で扇風機を回します。冬場に扇風機!?とびっくりされる方も多いようですが、扇風機を天井に向けることで上に溜まっている空気が循環するので部屋の中が温かくなります。直接風があたると寒さを感じる場合があるので、天井に向けて扇風機を回すことがポイントとなります。

ガス代の節約方法

冬場のガス代は特にかさみます。なんとかガス代を節約したい!というご家庭は多いのではないでしょうか。

ガス代を節約する方法はこちら。

・お風呂の追い炊き回数を少なくする

・一人暮らしの場合はシャワーを活用/家族の場合はお湯を溜める

・シャワーをこまめに止める

・お風呂のふたを使ってお湯の温度を保つ

・炒める→蒸す→煮るとガス代はだんだん高くなる。節約になる調理法を選ぶなら「炒める」

・電気ケトルを使う

・電子レンジ調理を活用

・ゆで汁の活用

など、など。

ガス代の節約方法はたくさんありますが、1番効果的な方法は「お風呂のお湯の温度を下げない」「追い炊き回数を抑える」の2つです。

お風呂の温度が冷めると追い炊きが必要になります。家族で使うときは冷めないように、温かいうちに一気に入るように協力すると良いですね。また、一人暮らしの場合はお風呂を溜めるよりもシャワーを使う方がガス代が安くなります。基本的にはシャワーで済ませて疲れたときだけお湯をはるなど、工夫をしながらガス代を節約していきましょう。

水道代の節約方法

水道代を節約したいときもお風呂の使い方に気を配ってみましょう。

水道代もガスと同様に、

・一人暮らしの場合はシャワーに/家族の場合はお湯を溜める

・シャワー時間を短くする

・出しっぱなしにしない

・食器洗いは貯め桶を使う

・お風呂のお湯を使って洗濯する

など、水を使う量をカットすることが大切となります。

特に体を洗っている間など、シャワーを出しっぱなしにしてしまいがちですが、意識的にきちんと止めるように心がけてみてください。

また、キッチンや洗面所などの水道の水が勢い良く出る場合は、元栓を少し閉じると節水できます。元栓を閉めることで蛇口をいっぱいに出しても水量を抑えられます。うかっり出し過ぎを防げるので、早速元栓を探して1/3くらい閉じてみましょう。

3つの生活費を見直して家計にゆとりを

生活

「通信費」「医療保険費」「水道光熱費」の3つの生活費を見直すことで、家計の必要経費を確実に減らせます。

毎月の支出を減らせると暮らしがグッと楽になるので、ぜひ見直しを検討してみてくださいね。

暮らしをグッとスマートに。

シンプルライフで充実した毎日を過ごしてみましょう。