KIREIMO -キレイモ-

100均リメイクシートで簡単DIY!ダイソーで買える種類と大きさ

100均ダイソーリメイクシート

100均のリメイクシートは簡単DIYを楽しめると大人気のアイテムです。お好みのサイズに切って貼るだけの手軽さなので、キッチンやトイレ、洗面所などをセルフリノベーションする方もたくさんいらっしゃいますよ♪そこで、「これからDIYを始めたい!」「どんなデザインを選べるの?」という方のために、ダイソーで買えるシートの種類と大きさをまとめてみました。お気に入りの柄を見つけてみてくださいね。

壁紙として使いたい!100均リメイクシート

板壁風シャビーシックはリアルな木目調デザイン

100均ダイソーリメイクシート
ダイソーの大人気リメイクシートは「板壁風シャビーシック柄」です。100均とは思えないクオリティの高い風合いで、売り切れ必至のアイテム。

カラーは白とブルー、ブラウンから選べます。特に人気が高いのはホワイトカラー。白の中でも「ホワイトグレー風」のカラーなので、ナチュラルインテリアにも男前テイストにも使えます。

壁に貼るだけで一気に雰囲気アップができるデザインです。

【商品詳細】
種類:板壁風シャビーシック
カラー:ホワイト、ブルー、ナチュラル
サイズ:約45×約90cm

カフェ風インテリアにぴったりのレンガ柄

100均ダイソーリメイクシート
レンガ柄のシートはカフェ風インテリアにおすすめのデザイン。キッチンやトイレなどに取り入れる方が多く、ワンポイントコーディネートとして重宝されています。

クールに見せたいときはブラウン系、かわいく見せたいときはホワイト系を取り入れてみてください。

【商品詳細】
種類:レンガ柄
カラー:ホワイト(No.2)、ブラウン(No.3)、ブラウン(No.4)
サイズ:約80×約30cm

収納ボックスに貼りたい100均リメイクシート

シンプルに決まるリネン・デニム柄

100均ダイソーリメイクシート
リネンやデニム柄デザインは収納ボックスや家具に貼って楽しみたいアイテムです。段ボールやお菓子の箱のリメイクに活用できるので、家にあるものでお好みの収納インテリアがあっという間につくれちゃいます。

気に入った収納ボックスを揃えようと思うと「予算オーバー……。」なんてことありませんか?空き箱リメイクならコストがほとんどかかりません。

また、使わなくなったら気軽に処分できるのもうれしいポイントです。

【商品詳細】
種類:ナチュラルリネン/デニム
カラー:ナチュラル/ブルー、ネイビー
サイズ:約45×約90cm

温かみのあるカゴ風デザイン

100均ダイソーリメイクシート
無骨なプラスチックケースもあっという間に大変身できるカゴ風のデザインです。自然の雰囲気を感じさせる籐カゴ柄は洗面所収納にぴったり。

収納ボックスの他に、透明の衣装ケースの目隠しとしても使えます。衣装ケースの生活感が気になるというときに役立ててみましょう。

ジュート柄や新聞柄はキッチンインテリアに活用するとステキです。

【商品詳細】
種類:杉と籐柄アソート/ジュート/新聞
サイズ:約45×約90cm

ハイセンス柄で空間にアクセントを

100均ダイソーリメイクシート
空間にアクセントを取り入れたいときはモノトーンロゴ柄や大理石柄がおすすめです。モノトーンロゴは男前な英字デザインなので、好きなロゴをカットしてポスターとして飾ってもおしゃれ!

大理石柄はキッチンや洗面所などのちょっとしたスペースに貼ると高級感のある雰囲気を演出できます。

【商品詳細】
種類:モノトーンロゴ/大理石
サイズ:約45×約90cm

高級感をプラスできる100均リメイクシート

キッチンに貼りたいダイソーの大理石柄

100均ダイソーリメイクシート
シンプルテイストの大理石柄はキッチンに貼るとセンスの良いワンランク上の空間をコーディネートしてくれます。システムキッチンのパネルリメイクに活用したり、レンジフードに貼っても良いですね。

さらに、床に貼ると生活感を感じさせない「ここは豪邸!?」とびっくりするようなキッチンをつくれます。

カラーは白と黒の2色があるのでお好みのテイストで楽しんでみてください。

【商品詳細】
種類:大理石柄
カラー:ホワイト、ブラック
サイズ:約80×約30cm

100均ダイソーのリメイクシートでDIY

ダイソー,DAISO,100均,100円ショップ
100均ダイソーで買えるリメイクシートは、人気の板壁風やレンガ柄、ナチュラルなリネン柄やデニム柄などたくさんの種類が揃っています。シールタイプの手軽に貼って使えるアイテムなので、壁紙や収納アイテムのリメイクなどに取り入れてみてくださいね。

ただ、リメイク後にはがす際、元の状態に戻せないこともあります。そのため、復元したい場所に貼るときには注意してくださいね。



⇒脱毛サロンに通う時間がない!私が使っている「本格脱毛器」はコレ!