▽今おすすめの自宅脱毛器をチェック▽

たったの10秒でシンクがピッカピカ!万能洗剤「ハイホーム」の実力

万能洗剤「ハイホーム」の使い方

万能洗剤「ハイホーム」は家中で大活躍する、主婦に大人気の掃除グッズです。毎日の汚れ落としから年末の大掃除にまで活用できるので、家に絶対常備している!という方がたくさん。ハイホームは石鹸と天然成分「湯の花」で作られている研磨剤なので、肌にやさしいエコクリーナーとして注目されています。

大掃除に大活躍!万能洗剤「ハイホーム」

万能洗剤「ハイホーム」の使い方
撮影:mono
ハイホームは珪華石(湯の花)と呼ばれる天然成分と、高品質のヤシの油で作られている半練りタイプのクレンザーです。細かな粒子のクレンザーなのでとてもやさしく、あらゆる場所を掃除できます。

クレンザーと聞くと磨くと傷がつくのでは?と思われがちですが、ハイホームならそんな心配が少ないと多くの方に愛用されていますよ。

また、天然成分の洗剤で手荒れもしにくいため、毎日でも安心して使えるところもうれしいポイントです。

ハイホームの使い方とその効果

ふたを開けると

万能洗剤「ハイホーム」の使い方
撮影:mono
ハイホームのふたを開けると、グレーっぽい半練りタイプのクレンザーがたっぷり入っています。

キッチンの水あか汚れを大掃除!

万能洗剤「ハイホーム」の使い方
撮影:mono
ハイホームは家中に活用できる優れもの。早速、最近掃除をサボっていたキッチンのシンクで試してみましたよ!

ハイホームをスポンジにつけて

万能洗剤「ハイホーム」の使い方
撮影:mono
ハイホームの使い方は適量をスポンジに取り、汚れが気になる場所を磨くだけ。練りクレンザーなので少量でもしっかりと汚れを落とせます。

水あかなどが気になるところをゴシゴシ磨いていくと、少し白っぽくなります。磨き終わったあとは水で洗い流して完了です。

あっという間にピカピカ

万能洗剤「ハイホーム」の使い方
撮影:mono
細かな場所の掃除は面倒でサボっていましたが、あっという間にピカピカな状態に♪水で流したあとにキッチンペーパーなどで乾拭きすると、さらにスッキリとしますよ。

水で洗い流せない場所は水に濡らしてかたく絞ったタオルで仕上げ拭きすると良いようなので、ぜひ大掃除に取り入れてみてください!

ハイホームで掃除ができる場所

万能洗剤「ハイホーム」の使い方
撮影:mono
ハイホームの使える場所は家中たくさんあります。これ1つで大掃除が終わってしまうのでは!?というくらい役立ちそうな予感。活用シーンをまとめてみたのでチェックしてみましょう。

コンロ周りの油汚れに

ハイホームはコンロ周りや換気扇などの油汚れに効果的です。掃除の方法は油汚れが気になるところにハイホームを練り込み、こすって汚れを落とします。

頑固な汚れで落ちにくいときは、丸めたラップにハイホームをつけてこすると効果が高いようですよ。

家電の黄ばみや黒ずみに

家電などの黄ばみや黒ずみは、かたく絞ったタオルにハイホームをつけ汚れを磨きます。汚れが落ちたら仕上げにしっかりしぼったタオルで水拭きをしてくださいね。

家電は水気に弱いので、濡らし過ぎないように注意してください。また、傷がつきそうなどと心配な場合は使用を控えてくださいね。

キッチン・お風呂場の水あか汚れに

水周りの掃除におすすめのハイホーム。シンクや蛇口、浴槽、タイルなどいろいろな場所をまとめて磨けます。水あか、湯あか、手あかなどの汚れに効果が高いので、週に1回はハイホーム掃除dayをつくっても良いかもしれません。

金属類のサビ落としに

金属のサビ落としにも使えるようですよ。サビを落としたいときは乾いたタオルにハイホームをつけ磨きます。サビが落ちにくいときは、ナイロンタワシなどを取入れてみてください。

仕上げに乾拭きをして完了です。

窓などのガラス磨きに

窓や鏡のくもりを落としたいときは、かたく絞ったスポンジやタオルにハイホームをつけます。やさしくこすって汚れを落とし、最後は乾拭きで仕上げをすると完了です。

落ちにくい洗濯物のシミに

食べこぼしや泥汚れのシミを落としたいときは、水に浸けてしっかり水分を切ったブラシにハイホームをつけて磨きます。そのあともみ洗いをしていつもと同じように洗濯するだけ。

これですっきりと汚れが落ちるようですよ。

ハイホームは大掃除におすすめ

万能洗剤「ハイホーム」の使い方
撮影:mono
ハイホームはあらゆる汚れに効果的なうれしい洗剤です!キッチンやお風呂場、窓掃除などなど、活用シーンが多く1つ常備していると必ず役立つアイテム。

普段の掃除から大掃除に大活躍してくれるので、ぜひご家庭に常備してみてください!

いいね♪と思ったらぜひクリックをお願いします^^